斉藤 孝 の ガーデニング  庭作りと園芸の記録

トップページ|  御挨拶| ガーデニング| 旅行| 話題| プロフィール| エッセ| アーカイブ| ブログ|談話室| English| 独り言

  

本文へジャンプ

 

    ガーデニング   片瀬山 | 鵠沼 | 軽井沢 | アルスロンガ農園

 

庭を見れば、住む人の思想が読み取れる

庭づくりの醍醐味は、精一杯わがままにくつろぎの空間を演出することですね。一日中いても楽しい、自分流の楽しみ方ができる緑の空間です。花々一点に美しさを求めるのではなく、庭の緑とのバランスで全体が絵になるように配置します 庭を見れば、住む人の思想が読み取れます。アウトドアリビングは自分で設計しました。どちらかといえば、セピアカラーの渋い色合い。そしてモネの絵のような緑。その中に点在する小さな花々手当り次第、いろいろ植えることはしません。私なりのガーデン・コンセプトがあります。まるでアマゾンの密林のよう。雑草と雑木の森のよう。等々の悪評もありますが、これが私の自然に対する思想、哲学です。緑と花に囲まれる、それだけで私は幸せな気分になれます。

鵠沼の敷石 片瀬山のパティオ 鵠沼の白ユリ
     
 

システム技法の導入

美しい日本の自然は深い感動を与えてくれます。その感動の波の中から、常に何かをつかみとり、それを私の研究への足がかりにしようと心がけてきました。 私のガーデニングはシステム技法の導入で無駄なく、効果的なバラや花々の管理です。湘南の片瀬山と鵠沼ではバラからビオラまで自作したガーデンアイテムの中で年中咲き誇っています。


片瀬山のミニ薔薇 片瀬山の葡萄


パーゴラとベンチ
 

小さな庭

湘南藤沢で自宅の片瀬山に小さな庭を作りました。緑のつたを這わせ、藤棚の下にクリスマスローズや日陰の花々を育てています。次の庭は鵠沼のマンションに作りました。一階の庭付きの部屋でしたから、そこには薔薇を40数本植えました。

 

 鵠沼  ジキタリス                          片瀬山の寄せ植え  Page up ↑

 

ナチュラルな雰囲気                                    

日本の原点である里山に学び、山野草の小さな庭をつくりたい。できるだけナチュラルな雰囲気のもの。そんな庭をわざわざつくらなくとも軽井沢の野山には山野草の宝庫をどこにでも見つけることができます。実に物好き変人です。どうしても自作の山野草の秘密の庭つくりがしたい。そこで時間を忘れて、お酒を飲みたい。溶岩石を集めてロックガーデンにして苔を付けて、日陰の野草を育てました。

 

盆栽のよう

盆栽のような小さな庭であっても創意工夫で、英国コヅウォルツのような雰囲気を出すことができます。軽井沢では、これまた小さな敷地を周囲の森の緑を勝手に利用して、浅間の溶岩を使い山野草のロックガーデンを作りました。小さな稚児ユリ、野生のギボシ、高山の岩鏡など日陰の草花を植えています。

77歳の「全日空」に勤務する毎日ですからガーデニングに費やする時間は余るほどあります。

 

全日空

「全日空」とは全ての日が空いているという無職の生活を意味します。相変わらずの「全日空」の生活でしたが、日に日に老いさらばえていく弱い自分にイライラする毎日をおくりました。「齢(よわい)を重ねる」とは「弱いを重ねる」ことで納得 。

 

夕方が一番いい時間なんだ

ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロ氏の『日の名残り』は素晴らしい。その映画化で名優A.ホプキンスが演ずる老執事は一日を一生懸命働いて、「夕方が一番いい時間なんだ」という。私の場合は、ガーデニングの後でお酒が伴いますね。

 

「空間」とは実体なのか。それとも人間が宇宙を理解する中で生まれた概念なのか。その解明にデモクリトス、エピキュロス、ピタゴラス、プラトンなどの古代の哲学者は生涯を捧げた。アリストテレスからアインシュタインまで数 千年にわたり「空間と時間」は人間の思考の枠組みを与える概念であった。


お経のような独り言ですが、薔薇の手入れで雑草と害虫との闘いには効果的でした。5月にオープンガーデンで多くの友人を歓待しました。

 (写真左上) 鵠沼の羽衣ジャスミン   (写真左下) 軽井沢の山野草

   (写真右上) リビングからのガーデン

 

 

アマゾンのジャングル     

真っ赤なサフィニアは、最近の品種改良によって花は小さく、数多くこんもりと咲きます。あまりにも花が多すぎたので、切り戻しをしてしばし養生させ、その代わりに、紫のペチュニアの鉢に交換。夏は赤から涼しげなブルー系統の小さな花々が見た目も涼しそうです。
玄関のパティオには、ビンクのランタナの鉢を掛けました。ランタナは潅木ですから、もともとは地上の花木です。

 

 

クラッシックなランプ
狭いテラス隅の家側の壁にクラッシックなランプを作りました。4年前になりますが、そこにアイビーが壁に絡まり、伸びてきました。なんとなくラティスとランプの調和が合っているようで、気に入りました。緑と若干のピンクの花で、淋しげな庭に美女のゲストを迎えました。ブラジル人のアレサンドラとプエトリコ人のワンダーです。長女啓子の友達で、ニューヨーク州の田舎イサカからやってきました。
  
Page up ↑

                                   
葡萄棚
彼女達にとって、我が家の庭は小さく、いかにも日本的であると感じたことでしょう。ブラジルはアマゾンのジャングルもあり、広大な国ですから、このように狭い家と緑に暮らす、私たちを理解してくれたかどうか。自然に時を経てきたものは素晴らしい美しさです。使い込まれたベンチ、アンチーク調の飾り棚。花と緑を育て、それを飾り、収穫したハーブや野菜を食する。そして飲むギネスと赤ワインの美味さ。ガーデンにベンチはつきものです。読書したり、ただボーとしたり、時には哲学とお酒。
 

美女と花々

庭の片隅に深い森をイメージした藤棚を作りました。アケビや山法師と下草も茂り深山にいる気分になります。
小さな庭から生まれる私の生活の鮮やかさは、そのままオントロジという哲学思想、その延長にあるITの意味論を考察するための糧になります。ただし、ついついワインを飲みすぎて、哲学することを忘れ、桃源郷の眠りなりますが。自然がたくさんあれば人間は幸福なのです。
太陽いっぱい、外気に触れて、素顔のまま、できたら素っ裸で庭でリラックスしたいと思います。
色鮮やかなアイビーゼラニュームでにぎやかな玄関のパティオ。白壁が思いかけず効果的になりました。窓から緑を楽しむこともなかなかの気分です。緑の木漏れ日の下で日本酒。部屋と庭が微妙に融合、まさに自然のハーモニーですね。

 

★ YouTube

 

「カメの庭」を記録したYouTube映像をご覧ください。

                                   Page up ↑

 


ガーデニング  <--  現在のページ

 

 

次は下記のページから選択して下さい。

 

トップページ|  御挨拶| ガーデニング| 旅行| 話題| プロフィール| エッセ| アーカイブ| ブログ|談話室| English独り言


Copyright(C)  斉藤孝のガーデニング All Rights Reserved.

   
inserted by FC2 system