斉藤 孝 の ガーデニング  庭作りと園芸の記録

トップページ|  御挨拶| ガーデニング| 旅行| 話題| プロフィール| エッセ| アーカイブ| ブログ|談話室| English| 独り言

    

本文へジャンプ

 

 

 

 

 

 

  

 


   話 題     お便り | 紀行 | 意見

 

群衆の愚知

情報の品格を危惧されるSocial Webという魔物が蠢いています。昔からの諺「三人よれば文殊の知恵」のとおり群衆の力(SocialPower)は侮りがたいのですが、時には「群衆の愚知」となる恐れも否定できません。腐敗した自然言語による品格を疑うような偽情報がWeb世界で氾濫しています。このような現状が続く限り群衆の愚知を増幅するだけに終わます。教養の強化と知識分類の整備 、概念設計能力のためのオントロジ教育が必須です。Google検索では知識の断片しか見つかりません。体系化されてこそ人類の共有知識となります。

アブダビ ヨルダン ペトラ マネ 横笛を吹く少年

『百科全書アンシクロペディア』

ブログやSNSの魅力は、自分が書きこんだ 知恵や知識という記録が、他人に利用されて知識の連鎖ができることです。このような方法によって、些細な個人の暗黙知が形式知へと変換されると『ウィキペディア(Wikipedia)』のような大衆による百科事典が出版できます。これは、18世紀フランス革命に影響を及ぼしたダランベールとディドロによって完成した『百科全書アンシクロペディア』を超えるような歴史的偉業であると思います。まさに19世紀末の未来小説家H.G.Wellsが夢見た『World Brain』が実現したといえます。これからの時代は、世界中の人々の知恵や知識を如何にして集積し、万民の集合知として利用できるようにするか。そのために個々の 記録の発信者に関わる情報の存在を世界中に形式化と明示化させる仕組みが必要です。

 

スイス ツェルマット ギリシャ パルテノン 南アフリカ ペンギン


 

メタデータ研究

7月にはマルチメディア・メタデータ研究のために豪州のクイーンズランド大学に行きました。9月には英国のシェフィールド大学に行きました。コッツウォルズの小さな村々は素晴らしい緑と花々で一杯でした。憬れのイングリッシュ・ガーデンとハンギング・バスケットは私の庭作りに刺激を与えてくれました。海外の人々から「日本の復興と幸福を祈ります」という優しい言葉をもらいました。日本は、どこでも愛されていると感じて嬉しくなりました。レストランの隣に座ったサウジアラビア人は、「日本はモスレムの教えにある律義な精神と人間の絆を実証している。」と尊敬していました。                

                    (写真右) ヒマラヤ戦友会のみなさま

                                                Page up ↑

概念理論

人は概念の世界に住んでいる。概念理論に関する愚作を執筆しました。人は世界を理解しようとする時、あらかじめ大まかな略図を持っています。それこそが世界を理解する概念の枠組みであるスキーマとなるものではないのか。その昔、書籍という小さなスキーマを学びとることをリテラシーといいました。確かなことは、その原語のリテラ(Litera)が表しています。それは文字で表さ れた主題は抽象化された概念であり、いかにして実世界の具体像に対応付けて描くかという文字の解読能力のことでした。 (写真左) 卒業生のみなさまと

 

 

 

ソロプティミスト    栄子の講演(20年前)

Soroptimist とは、職業をもつ女性による国際的福祉団体のことです。1921年にカリフォルニア州のオークランドで誕生しました。最初は、医師、教育者、出版者などの仕事のもつ8名の女性による団体として出発、現在では世界中にその会員は増え続けて120国の10万人にもなる巨大な組織に発展しています。その使命は、地域社会に対する女性ならではのボランティア活動です。全米各都市では、様々な分野に対するソロプティミストの地道な奉仕活動が行われています。

これは栄子が2003年にサクラメントで地元ソロプチミストの招待で述べた内容です。

 

   Speech: "Soroptimist activity in my hometown" Eiko SAITO


First I would like to introduce myself briefly. My name is Eiko Saito. I was born in Tokyo. It was my dream to study in this country since I was very young.
After graduating from Keio University in Tokyo, I began to work as a librarian in the International House of Japan. I liked the job very much. Fortunately I got the Fulbright scholarship for studying at the Graduate Library School, Indiana University, Bloomington. I enjoyed studying there very much. After I went back to Japan, I got married to Takashi. We have two daughters. Takashi has been here as a visiting professor to UCD since last April. I wish I could have stayed with him, but I had to come and to go back very often, because both of our mothers are old and are living alone, so I have to take care of them some times. Last year I visited here for four times in eight months. This is the second time this year and this is our last visit.
I am very happy and thankful that all my family are here and enjoying Californian life together. As two of my sisters are living here with their families, one in Sacramento and other in San Jose, they are really helpful to me. American people here are very friendly to us. I like the weather. It is so comfortable! The natural beauty is amazing: Lake Tahoe, Yosemite, Napa Valley, Death Valley, …Vegetables and wine are all fresh and very good. I wish I could live here much much longer.

I first heard about Soroptimist several years ago in Japan. One of my best friends introduced me to Mrs. Kenmochi who is a member of Soroptimist in Kamakura area. Kamakura was the ancient capital of Japan., It is still one of the cultural centers in the area, and there are many old temples and shrines. The Great Buddha is very famous among all. It is located in the suburbs of Tokyo.Mrs. Kenmochi invited me to a meeting where Mrs. Hosokawa, the wife of the Prime Minister Hosokawa at that time, was the guest speaker. She spoke about the Soroptimist activities. The members of Soroptimist were beginning to help training athletes by professional coaches so that they can participate in the Special Olympic Games for Mentally Retarded People. Mrs. Hosokawa eagerly explained how they were organizing the activities and they needed voluntary help from anyone. I was much impressed at their purpose of training those mentally retarded people who are usually weak in athletics. It is very good to give these people the motivation.

I thought the members were planning very carefully. As I had no time to participate to their activities then, I donated some money and they put my name on their mailing list.
Now I become feeling very familiar with you, Soroptimist. After I go back to Japan, I am looking forward to have contact with Mrs. Kenmochi and to know more about their present activities in Kamakura area.Thank you for listening to me.
(写真左) ヨセミテ       (写真右) シェイラネバタ タホ湖

 

小話もお読みください。

 

  幸福な監視国家         裸婦の時代(blog)

  自由からの逃走         輪廻転生     

 『日本語が亡びるとき』                        Page up ↑


 

話題  <--  現在のページ

 

次は下記のページから選択して下さい。

 

トップページ|  御挨拶| ガーデニング| 旅行| 話題| プロフィール| エッセ| アーカイブ| ブログ|談話室| English独り言

 


Copyright(C)  斉藤孝のガーデニング All Rights Reserved.

   
inserted by FC2 system