ホーム |  独り言  |  論評  |  小話  旅行  | 御挨拶 ガーデニング   |  ブログ  |  English  | YouTube 

  論評   <-----  現在のページ                                                     戻る  -----> 論評      


    追悼文Top      追悼文1  追悼文2  追悼文3  追悼文4  追悼文5         


追悼文3  <-- 現在のページ

  Yシャツの袖をまくって

           黒川千重子

 裏田さんへのお心籠った追悼文に心打たれました。それは他の皆さま方からの追悼メールにも同じです。野添さんと澤井さんの裏田さんとの思い出のお話も心に沁みました。。。
澤井さん,ダスティ・スプリングフィールドの「この胸にときめきを」を私も今、何回も映像も見ながら聴かせていただいています。

 14期の方たちや小川さんのお話に今まで知らなかったことがたくさんあるのを教えていただきました。津田先生とすばらしい学生さん達一人一人、皆さんが懸命に頑張ってこられて良い結果も出た良き時代だったのでしょうね〜〜皆さま方が絆をしっかりと保ち、かつ、楽しんでいらしたことを知って大変嬉しく思いました。

 裏田さんは北里記念医学部図書館でお仕事されてた時、Yシャツの袖をまくって折って、片手に書類を持ちながら、てきぱきと忙しそうに館内を歩いていらした姿をしばしばお見掛けしたことを覚えています。
津田先生もほぼ一年中、半袖のYシャツでいらしたように思うのですが。

 丁度10年前だったですね。 14期のクラス会を企画して下さいましたね〜〜。良い時に・本当にすてきな会を開催して下さったですね〜〜
大勢参加で、久しぶりにお会いすることが出来て和やかに集わせていただきました。裏田さんはじめ、幹事さん方皆さんのお陰でしたね。 
近況も記されてある名簿も配布下さいました。
本当に有難うございました。

 その日、裏田さんはとてもお元気ですてきでいらしたです!! 
そう、写真撮影の時は真ん中のお席でしたね!! 
それがぴったりな感じでいらしたですね。

裏田さんはご闘病中とうかがっておりましたけれど、たいがいいつも明るく前向きに、優しく温かなお気持ちでメール下さっていらしたように思います。   人情熱く、強くて優しい方だったですね。。。 
もう一度、お会いしたかったです。 寂しくなりました。 

 裏田さん 沢山々々お世話になって本当に有難うございました。 
    天国でいろいろ楽しまれてくださいね。

追悼文3 <-- 現在のページ


    追悼文Top      追悼文1  追悼文2  追悼文3  追悼文4  追悼文5         


「ちょっと恥ずかしいよ!でもカメさん、有難う」

                冨永千鶴子

 澤井さまからのご連絡をいただき、驚き、悲しみました。そして裏田さんの最後のメールを拝読した時に、もしや・・と

 裏田さんの思いが痛いように理解できましたので、陰ながら心配しておりました。ですから訃報のお知らせ頂いた際は裏田さんには「お疲れさまでした。安らかにお休みください」という言葉が自然に口をついて出ました。またお目にかかったことはありませんが、長年、心を砕いて裏田さんを支えていらした奥様に深い敬意を持つと共にその後のお身体をおいとい下さいますよう、ここであらためて念じさせていただきます。

 学生時代、裏田さんと親しく接する機会は残念ながら、あまりなかったと記憶します。背がスラリと高く、口元が印象的でいつも微笑みを浮かべた優しい目もと・・・そして美しいお声の持ち主でいらしたことは今でも鮮明に記憶しています。

  皆様のお話を伺っておりますと卒業後のお仕事や交友関係など、そのお人柄が浮かびあがり、真摯な思い、思いやりの深さ等々皆様に愛された裏田さんは、学生時代に私が持った印象はやはり間違いなかったと実感いたしました。

 斉藤さんがエネルギー全開で、裏田さん・・・愛称ひげオコゼ・・・の追悼を編纂されておいでのご様子を天国から照れた笑顔で見守っておいでのご様子が目に浮かびます。あの優しい微笑みを浮かべた目もとで。

そしてあの美しい声で

「ちょっと恥ずかしいよ! でもカメさん、有難う」

 

追悼文3 <-- 現在のページ


    追悼文Top      追悼文1  追悼文2  追悼文3  追悼文4  追悼文5         


 

                 山ガールでカメの山友達(KWV)

  面長のお顔に真っ黒な髪で長身

             久米行子(旧姓 山口行子)

カメ殿
裏田氏の逝去のお知らせありがとうございます。
写真を拝見致しますと随分、昔のイメージと違っております。
カメの写真ではふっくらとした丸顔でどこか道ですれちがっても絶対に
わからないと思います。

裏田さんといえば面長のお顔に真っ黒な髪で長身、そういえば
カメの言うようにいつも背広にネクタイ姿だったように記憶しております。
コートなどを肩にかけていましたね。大人の雰囲気でした。
学科の名簿作成というかPCでの連絡をできるように努力なさっていて
メールでやりとりした記憶があります。

色々学科の発展の為に尽くされたのですね。
裏田さんが津田先生のように、そしてカメは藤川先生のようになるという夢は
お二人とも果たされたようですね。
カメも少ない男子学生の中で良き友を得たこと良かったですね。追悼文に親しき友を失った悲しみとどんなに素晴らしい友人であったかを愛情込めて綴った文に胸を打たれました。
私は殆どというか全くと言える程お付き合いがありませんでしたが彼のことを少しは解ったような気が致しました。
3年間はあの図書館学科の教室で共に学んだ友人が亡くなると言うことは寂しいです。
裏田さんのご逝去に心からご冥福を申し上げます。

   合掌


  写真では真ん中にいる方

           浅輪照子 (旧姓 松田照子)

カメさま
裏田氏の訃報をお知らせいただきありがとうございました。
三田の図書館学科の教室などをなつかしく思い出しました。

もう50年以上も前になりますね。
あまりお話をした記憶もありませんが、
カメさまのおっしゃる様に写真では真ん中にいる方でしたね。

改めてカメさまの交友の深さ広さをおもいました。
図書館学科の同期生は今の図書館の基礎をつくったような方々だったのでしたね。
特に男性陣は。
いや、女性人にも素晴らしい経歴をお持ちの方もおられるようですが。
ヤット卒業できた私には眩しい事です。
このおしらせで、また新たな情報が得られました。

  裏田さんのご冥福をお祈りいたします。     

  

追悼文3 <-- 現在のページ


    追悼文Top      追悼文1  追悼文2  追悼文3  追悼文4  追悼文5     


    ホーム |  独り言  |  論評  |  小話  旅行  | 御挨拶 ガーデニング   |  ブログ  |  English  | YouTube 

論評   <-----  現在のページ                                                          戻る  -----> 論評 


 

 

inserted by FC2 system