幸せを呼ぶ神の化身とも思われた。

 

   カメ・アバターの独り言。          

                           

 

         下記の項目をクリックして下さい


 ホーム |  独り言  論評  小話 旅行  |  御挨拶 ガーデニング   |  ブログ  |  English  |  YouTube

 

YouTube  タイトル一覧 <-----  現在のページ 


                

 

   YouTube     タイトル一覧


   「カメの庭」や「カメの旅」を記録した 作品(要約)の一覧です。

                           ----> YouTubeその1

                                                                            ----->  YouTube その2

 

       タイトル写真をクリックすると作品(内容)を見ることができます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「ラベンダーの輝き」     

         2021年3月

我が心、  ラベンダー畑にあり。一面に咲き誇るラベンダーの丘。心をさわやかに癒してくれる。 ラベンダーの花言葉は「清潔」である。

評価 ★★★★

映像と音楽を上手く組み合わせた。

---->お薦め

 

    『グリーンスリーブス』

           「緑の袖」  

          2021年4月

訪れた春の日
         花々が咲き乱れる。

若草は淡い緑から深い緑に変わる。美しい花の「緑の袖」のようだ

 

評価 ★★

緑の袖とアシュガの紫色という花色の調和。

 

 

「私に触らないで」  インパチェンスの花         

          2021年10月

「私に触らないで !! 」
「花弁を刺激しないで・・」
「せっかち」 なのかしら・・
だから「Impatiens(インパチエンス)」

評価 

成熟した実に触れると破裂して種をまき散らす。

 

    インパチェンスのパティオ

             2021年8月

真夏の主役となるのは「インパチェンス」ではなかろうか。

評価 ★★

  緑トンネルの朝顔の葉はハートマーク

 

 

『エルドラド』緑の黄金郷          

          2021年8月

カメの庭は緑の『エルドラド』になった。エルドラド(El Dorado)とは、スペイン語で南米にある伝説的な地名「黄金郷」を意味する。

評価 ★★

夏の庭をアマゾン黄金郷エルドラドになぞらえた。

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    「あれから60年 彼女の顔は物語」

                              2021年11月

老夫婦が波際を歩いていた。しばしば砂に足を取られよろよろとつまずいた。

   "しっかりしなさい。ダメなひとね。"

評価 

 つれあいの顔 80年の変わりよう。

 


     ホーム |  独り言 論評  小話  |  旅行  |  御挨拶  |  ガーデニング  |   ブログ  |  English  |  YouTube 

YouTube  タイトル一覧 <-----  現在のページ

           タイトル写真をクリックすると作品(内容)を見ることができます。


   薔薇の花言葉   2021年5月

薔薇は、世界中で愛される花の女王である。薔薇のような絶世の美女といわれた玄宗皇帝の寵姫、『楊貴妃』カエサルを惑わした、『クレオパトラ』

評価 

薔薇の花言葉は女性の姿を表す。

    『薔薇狂騒曲』    2021年5月

薔薇に酔いしれる日々。
薔薇狂騒曲を奏でた。

評価 ★★★★

映像と展開が良い自信作の一つ。薔薇が綺麗。

---->お薦め

 

 「夏の名残の薔薇」    

                2021年6月
6月は湘南に夏の到来を告げる。薔薇の咲き誇る姿はまれだ。夏の名残の薔薇となった。

評価 ★★

名残の雪 名残の薔薇 「名残」という言葉。

 

   「薔薇のつぼみ」    2021年4月

薄緑の葉は真っ赤に変わり、まるで花が咲いたように見える。カルメンの唇のような深紅の薔薇にまもなく変身する。

評価 ★★

   薔薇の秘密 「つぼみ」という謎の言葉。

薔薇の微笑み』 それは母の微笑み

  2021年6月

薔薇の微笑み それは母の微笑み。夏の名残の薔薇が咲いている。亡き母を懐かしく偲ぶ。

評価 ★★

   母親の綺麗な顔ばかり。マザコン作品

「白百合が咲いた」  2020年6月

白百合が咲き始めた。小さな庭のあちこちに白百合の球根を植えた。10年も経て増え続け100株になった。フェンスを乗り越えて中庭まで群生している。

評価 ★★

  白百合の香りは大好き。亡き母親を讃える。


     ホーム |  独り言 論評  小話  |  旅行  |  御挨拶  |  ガーデニング  |   ブログ  |  English  |  YouTube 

YouTube  タイトル一覧 <-----  現在のページ

         タイトル写真をクリックすると作品(内容)を見ることができます。


  「パティオの想いで」  2020年7月

「パティオ」を造った。
やま葡萄が一杯にしげっている。小さな玄関とガレージがあった。平垣はブロック積にされ白くモルタルが塗られていた。もう40数年前に造られた白い壁面。殺風景な壁面はそのまま変わっていない。
そこに壁庭を造った。洒落て「パティオ」と呼ぶ。

評価 ★★★★

今は無い、想い出の片瀬山の古家だった。哀愁に満ちた曲とマッチしている。

---->お薦め

マンション・ワイナリー

           2021年7月

5本の葡萄の樹を植え付けた。山葡萄を2本、デラウェアを1本。そしてナイアガラを1本。

評価 ★★

   マンションでワイナリーとは本当だろうか

 

  「啄木鳥(きつつき)の訪問」

     森の木工職人
               2020年10月

啄木鳥は森の世話人ともいわれている。
森の木々のあちこちに穴をあけてくれ、
小鳥やリスなどの絶好の住処を提供してくれる。小穴は巣や餌を隠す場所にもなる。
啄木鳥は大工職人なのだ。

評価 ★★★

要らぬお節介屋、世話人の啄木鳥の話。

 

   オンライン・オープンカメガーデン

            2020年5月

今年の薔薇は力強く咲き誇る。残念だが、花々をカメが独り占めにする。みなさんに鑑賞してもらいたかった。そしてワインを一緒に楽しんでもらいたかった。新型コロナ・ウィルスのため外出自粛の毎日が続く。

評価 ★★★

グリーンスリーブス幻想曲を用いている。

『薔薇狂騒曲』  

  2021年5月

薔薇に酔いしれる日々。
薔薇狂騒曲を奏でた。
まる裸だった薔薇の枝。
所々に新芽が出てきた。

まだ薔薇のつぼみは硬い。
可憐な乙女のよう。

評価 ★★

   薔薇の花々をより美しく映した。

 

     真夏の夕暮れの庭 

            2020年8月

 真夏の夕暮れは大好きだ。
夕闇の庭を光で演出してみた。スタンドの光で庭の陰影が鮮やかになる。

ブルーセージは鮮やかな蒼い色になる。ジャスミンの白い花が雪の見える。寂し気に咲いてくれた一輪の薔薇。

 

評価 ★★★★

  見事な出来栄えと自慢作。

        ---->お薦め

 

 


     ホーム |  独り言 論評  小話  |  旅行  |  御挨拶  |  ガーデニング  |   ブログ  |  English  |  YouTube 

YouTube  タイトル一覧 <-----  現在のページ

           タイトル写真をクリックすると作品(内容)を見ることができます。


「ユキノシタ」を愛でる

        2020年7月

7月末になり、梅雨明けもまじかだ。
「ユキノシタ」の真っ白な小さな花が咲いた。

評価 ★★

軽井沢の庭を舞台にした。可憐な小さな白い花。

 

「シジュウカラの巣」

            軽井沢の初夏          

              2020年7月

草むらに隠れた巣をよく見たら卵みたいなものがあった。

5個の卵を発見。

評価 ★★★

実際に遭遇した子育て中のシジュウカラの話。

 

 

   日陰の庭を演出する

       2020年7月

アナベル。アメリカアジサイの名前である。学名は「Hydrangea arborescens ‘Annabelle’」となっている。「Annabelle」という名前に昔からこだわりがある。

評価 ★★

米国詩人エドガー・アラン・ポーの詩

アナベル・リーのお話。

 

  ことことアンズ・ジャム                                                                          2020年8月

杏の実を落とす人、
ジャムの瓶を煮沸する人、
砂糖を混ぜて煮込む人、
アンズ・ジャムを瓶に詰める人。
アンズ・ジャム工場のようになった。

評価 ★★★

音楽はアイルランド民謡。アルスロンガ農園の名物。

---->お薦め

   パエリア宴会 収穫祭                                  2020年11月

アルスロンガ農園の恒例のパエリア宴会が開催された。11月15日 秋晴れの下、カメガーデンで2020年収穫祭を祝った。晩秋の妙義山は紅に輝いていた。

 

評価 ★★★

美味そうなパエリアを御馳走した。

---->お薦め

 

 

 

 

   『怒りの葡萄』 

      アルスロンガ・ワイン
      
       2020年10月

『怒りの葡萄』
ジョン・スタインベックの小説。

ヘンリー・フォンダ主演の1940年の映画。

その名優の姿に憧れた。

評価 ★★★★

お仲間の顔を映画の名優の姿にはめ込んだ傑作。

---->お薦め


     ホーム |  独り言 論評  小話  |  旅行  |  御挨拶  |  ガーデニング  |   ブログ  |  English  |  YouTube 

YouTube  タイトル一覧 <-----  現在のページ

         タイトル写真をクリックすると作品(内容)を見ることができます。


   『カメガーデンの誕生』      

          2020年10月  

そこには古家と荒れた庭があった。
荒れ果て雑草に埋もれた敷地を何とかして生き返らせたい。お金を出来るだけ出さずに自力で作り上げたい。素朴な手作りの庭にした。

評価 ★★★

5年間のカメガーデン構築の歴史。

 

 

  『健太郎門』の復元  

           2021年6月

裏庭にある『健太郎門』の復元だった。
梅雨空の下、突貫工事となったが『新太郎門』に続く二作目なので要領良く処理できた。

評価 

見事な出来上がりと自画自賛。竹細工は名人の技。

 

 

  『新太郎門』の完成  

   2021年5月

格式ある切妻屋根を大切に残し『新太郎門』は立派に再生された。左側に半割り竹を張り付け、右側は四ツ目の竹垣である。

評価 ★★★

朽ちかけた門を再建する苦労話。ストーリー展開が上手い。

 

  霊獣「白狐(びゃっこ)」 稲荷神社の修復 

       2021年10月

松井田・大河原邸の庭には築約百年にもなる古い稲荷神社がある。長年の風雪にさらされ荒廃した物置のような姿になっていた。「お稲荷さま」を守護されるのは二匹の「お狐さま」である。石造りで立派なお顔で鎮座されている。

 

評価 ★★★★

「お稲荷さま」は朱色で「お狐さま」は白色の「白狐(びゃっこ)」自信作のひとつ。

----> お薦め

  

 

   草刈り十字軍         

             2020年9月

猛暑8月のアルスロンガ農園カメガーデンに一人の老人が現れた。まるで養蜂家のような姿だ。顔面を蜜蜂の攻撃から守るネット付き麦わら帽子をかぶっていた。群がり襲ってくる蚊やアブなど害虫を防ぐためだ。

評価 ★★

動画なしの随想

 

    白百合が咲く鵠沼マンション 

          2017年6月

自然がたくさんあれば人間は幸福なのです。

太陽いっぱい、外気に触れて、素顔のまま、

できたら素っ裸で庭でリラックスしたいと思います。

評価  ★★

白百合が満開で真っ白な海のよう


     ホーム |  独り言 論評  小話  |  旅行  |  御挨拶  |  ガーデニング  |   ブログ  |  English  |  YouTube 

YouTube  タイトル一覧 <-----  現在のページ

             タイトル写真をクリックすると作品(内容)を見ることができます。


  『無言館』を訪れた              

                          2020年8月

第二次世界大戦で戦没した画学生の慰霊のために作られた美術館である。
そこで展示されている作品は全て彼等の遺作ばかりである。
 『無言館』を訪れる(ブログ) 

評価 

ブログなので動画なし。

 

  カメ・ガーデンの花々 

            2020年4月

盆栽のような小さな庭であっても創意工夫で、英国コヅウォルツのような雰囲気を出すことができます。

評価 ★★

動画で巡るカメの庭

   盆栽のような小さな庭

               2015年5月

美しい日本の自然は深い感動を与えてくれます。その感動の波の中から、常に何かをつかみとり、それを私の研究への足がかりにしようと心がけてきました。

評価 ★★

Video動画による初期の作品

 

  浅間山  黒斑山に登った。 

                         2020年6月
 

外輪山の最高峰
2020年6月10日 初夏
黒斑山(2,404m)に登った。
浅間山(2,568m)外輪山の最高峰。

評価 

パソコン人工音声による解説付き。気味が悪い。

  子猫の目線でガーデン巡り 

         2020年4月

盆栽のような小さなカメの庭を徘徊した。子猫の目線で花々を見てくれた。この子猫、黄色い毛糸の靴下を頭にかぶっている。捨て猫 ?
ぶつぶつ独り言とつぶやく。それも関西弁ではないか。

評価 ★★

関西弁でコロナ禍を嘆く子猫の笑い話

 

    マンション大規模補修工事から回復 

             2020年4月

庭づくりの醍醐味は、精一杯わがままにくつろぎの空間を演出することですね。一日中いても楽しい、自分流の楽しみ方ができる緑の空間です。花々一点に美しさを求めるのではなく、庭の緑とのバランスで全体が絵になるように配置します。 庭を見れば、住む人の思想が読み取れます。

評価 

マンション大規模工事から修復された庭


     ホーム |  独り言 論評  小話  |  旅行  |  御挨拶  |  ガーデニング  |   ブログ  |  English  |  YouTube 

YouTube  タイトル一覧 <-----  現在のページ

         タイトル写真をクリックすると作品(内容)を見ることができます。


    5月のそよ風 小さな庭の花々   

           2015年5月

美しい日本の自然は深い感動を与えてくれます。その感動の波の中から、常に何かをつかみとり、それを私の研究への足がかりにしようと心がけてきました。 私のガーデニングはシステム技法の導入で無駄なく、効果的なバラや花々の管理です。湘南の片瀬山と鵠沼ではバラからビオラまで自作したガーデンアイテムの中で年中咲き誇っています。

評価 

Video動画で詳細な庭を撮影した。

   海外旅行の写真集(2000年〜2020年) 

             2020年4月   

世界は生き生きとした姿を示してくれます。私の海外旅行の楽しみは、「歴史・民族・言語」の3点セットです。歴史的場所で土地の素朴な人々に会い、彼らが喋る言葉を聞くことです。買い物と食べ物にはあまり興味がありませんから、厳冬の観光客が少ない時期が私の好みに適しています。

評価 ★★

海外旅行の写真集

 

 

 輪廻転生と鳥葬儀 式

        2020年3月

2020年1月 チベット・ラサ紀行から。詳細は「ブログ」をお読みください。

評価 ★★

評論といえる。

『レッサンピリリー』                                              2021年8月

 エベレスト街道トレッキング (2010年11月の記録)

「レッサンピリリー」はネパールの素朴な民謡です。
原曲は、ポカラ地方でラマ教の祈りのために歌われていたそうです。

評価 ★★★

現地の素朴な民謡とヒマラヤ山脈の神々しい姿

---->お薦め

 

     望郷歌『ゴラール』     

        2021年7月

ゴラールとは、『Góralu』と綴るスロヴァキアのタトラ山脈地方の素朴な望郷の謡です。
英語では『Highlander』、山の民を意味します。

 

評価 ★★★

大好きな歌、ゴラール。素朴で親切なスロヴァキアの人々の顔を思い出す。

---->お薦め

 

      「ヒメツルソバ」    

             2020年11月

ヒマラヤ原産である。
シェルパのように強健。
秋になると紅葉する。
地面を這うように広がる。
繁殖力から雑草扱いされる。

評価 ★★

雑草に等しい草花「ヒメツルソバ」に注目した

 


     ホーム |  独り言 論評  小話  |  旅行  |  御挨拶  |  ガーデニング  |   ブログ  |  English  |  YouTube 

YouTube  タイトル一覧 <-----  現在のページ

         タイトル写真をクリックすると作品(内容)を見ることができます。


Don’t cry for me Japanese    2021年1月

泣かないで 日本のみなさま。希望はいつもあなたのそばに居ます。嵐のような日々、コロナ禍の中でも 。

ヴェノス・アイレス紀行(アルゼンチン)ブログ 

評価 

 

  

   パタゴニア氷河とイグアス滝を眺める(ブログ)      2020年2月

 

評価  

 

割烹旅館 「おおかわら」         2021年7月

アルスロンガ農園の大河原邸にある
二つの数寄屋門『新太郎門』と『健太郎門』を復元した。お屋根に竹飾りを載せ、扉の上に飾り格子を付け、左右の竹垣と調和した「和」の雰囲気を醸し出す。

評価 

 

 草刈り十字軍                2020年9月

猛暑8月のアルスロンガ農園カメガーデンに一人の老人が現れた。まるで養蜂家のような姿だ。顔面を蜜蜂の攻撃から守るネット付き麦わら帽子をかぶっていた。
群がり襲ってくる蚊やアブなど害虫を防ぐためだ。

 

評価  ★★

 『無言館』を訪れた             2020年8月

第二次世界大戦で戦没した画学生の慰霊のために作られた美術館である。そこで展示されている作品は全て彼等の遺作ばかりである。

『無言館』を訪れる  本当のアルスロンガ   2020年8月 

評価 ★★

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋刀魚と柿  お狐さまの贈り物       2021年10月

大きな二匹の秋刀魚で心底・腹の髄まで染みわたる秋刀魚の饗宴となった。この秋の味覚はお狐さまからの贈り物に違いない。

評価  ★★

 

 

 

 

 


     ホーム |  独り言 論評  小話  |  旅行  |  御挨拶  |  ガーデニング  |   ブログ  |  English  |  YouTube 

YouTube  タイトル一覧 <-----  現在のページ

         タイトル写真をクリックすると作品(内容)を見ることができます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「結婚前のアナタ」と「あれから50年のワタシ」

  
現物は縦書きで「結婚前の人は右から読む」、「結婚してしばらく経った人は左から読む」となっていた。日本語の縦書きによる言い回しに面白さがある。もちろん、横書きであっても下から読み返せば同じことが理解できる。

 

評価 

 

    

   笑い話  川柳

     不要と書いて 医者通い
    三時間 待って病名<加齢>です

    目覚ましの ベルはまだかと 起きて待つ
    改札を 通れずよく見りゃ 診察券

評価 

 

 

 

 

 

 川柳      2020年


笑い話や愉快な動画がネット上を飛び回っている。外出自粛で憂鬱な毎日、笑って免疫力アップの効果を期待したい。ネット世界で人気ある笑い話をカメ流に細工してみた。

 

評価 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
   

      ---> アルスロンガ農園物語       --->笑い話

              --->   カメの庭「小さな薔薇園を造る」  ---> 家族写真館

                  ----->   ヒマラヤ戦友会     ------>  FaceBook


                          ----> YouTubeその1

                                                                            ----->  YouTube その2


YouTube  タイトル一覧 <-----  現在のページ

     ホーム |  独り言 論評  小話  |  旅行  |  御挨拶  |  ガーデニング  |   ブログ  |  English  |  YouTube 


著作権について

このWebサイトに掲載されている記事、写真、イラストなどの著作権は、斉藤孝が所有していますから「私的使用」または「引用」など著作権法上認められている場合を除き、斉藤孝に無断で転載、複製、放送、公衆送信、翻訳などに利用をすることはできません。宜しく配慮願います。


  Copyright(C)  斉藤孝のガーデニング All Rights Reserved.


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system